百年史

右側の▼をクリックして開いてご覧ください。

明治

明治33年(1900年):母校創立

       「神奈川県高等女学校」
        橘樹郡保土ヶ谷町岡野新田に校舎新築着工
        新原俊秀初代校長着任


       
   

  34年(1901年):「生徒服装規定」を制定
             第1回入学式ー生徒178名
            (高等女学校で英語を必須とするー全国初)
             校名改称「神奈川県立高等女学校」となる
   35年(1902年):師範学校女子講習科を付設
             校舎建築工事完工
   36年(1903年):第1回卒業証書授与式(卒業生78名)
             第1回同窓会開催
   37年:
   38年(1905年):春期”遠足”開始
   39年:
明治40年(1907年):神奈川県女子師範学校併置の認可
             神奈川県女子師範学校入学式
             生徒による教室掃除開始
   41年(1908年):級長規定制定
             本校西方一棟新築竣工
   42年(1909年):女子師範学校寄宿舎など竣工
             横浜開港50周年記念開催
   43年(1910年):技芸専修科廃止
             付属小学校始業式挙行
             学友会創設(談話部・雑誌部・体育部を設置)
             修学旅行開始
             同窓会報「花たちばな」第1号発刊
   44年(1911年):第10回開校記念式挙行
   45年(1912年):

大正

大正元年(1912年):明治天皇奉悼式挙行
            雨天体育場で朝礼を実施
   2年(1913年):新原俊秀校長退職
            第2代相沢英次郎校長着任
            

           カリフォルニア師範女教師来校
            第1回父母懇話会・学級懇談会開催
   3年(1914年):評議員規定・清潔法施行規定を定める
            学友会を校友会に改称
            校務分掌規定・入学試験規定・賞状授与規定・
            通学生徒欠席規定・級会規定・など30規定を定める
            高女第1回「学芸談話会」挙行
   4年(1915年):第1回体育奨励会
            生徒制服制定(矢絣模様元禄袖)
   5年(1916年):校歌制定
   6年(1917年):第1回全校体操
   7年(1918年):
   8年(1919年):長者町大火。類焼の生徒13名・近火者49名に対して寄宿舎から炊き出し
            大火のため運動会中止
   9年(1920年):創立20周年記念式典(横浜開校記念会館)
           <開校祝賀式・勤続職員表彰・記念音楽会・バザー>
            同窓会事務所・同窓会付属幼稚園設立
   10年(1921年):電鈴使用開始
   11年(1922年):修業年限4年を5年に改正
            相沢英次郎校長退職
            第3代五十嵐長之丞校長就任
            
   12年(1923年):関東大震災により、本館、理化室を除き全部倒壊
             付属小学校焼失
   13年(1924年):同窓会を「真澄会」と改称
   14年(1925年):
   15年(1926年):本校生徒数1,000名となる
             校地西南6坪を県警察部に貸与

昭和

昭和2年(1927年):五十嵐長之丞校長退任
            第4代河邊良平校長就任
            
           女子師範学校分離、立野に独立
            富士山登山
            第1回県下女子中等学校体育大会で籠球優勝
   3年(1928年):徽章(バッジ)制定
            新校舎に移転
             
   4年(1929年):アルプス、大島旅行隊出発(恒例化)
            テニスコート新設
            真澄会館竣工(校庭西北隅)
   5年(1930年):校名「神奈川県立横浜第一高等女学校」に改称
            洋服の校服制定
            創立30周年記念式挙行
            ハンドボール部、スケーティング部発足
   6年(1931年):第1回耐久徒歩大会(33.03km)
            河邊良平校長転出
            第5代滋賀 貞校長就任
              
          第1回全国女学校体育大会で排球部優勝(明治神宮外苑)
   7年(1932年):週番制実施
            5年生、横浜港より竜田丸で関西方面修学旅行(船旅は14年まで)
            滋賀 貞校長退任
            第6代船越文教校長就任
             
  8年(1933年):真澄会の事業として「専攻部」設置
            第1回キャンプ開催(辻堂海岸)費用は90銭
            「学校時報」第1号発刊
  9年(1934年):「専攻部研究科」新設
             
       

昭和10年

昭和10年(1935年):創立35周年記念式挙行 園遊会挙行
            音楽映画部に「ヴァイオリン研究部」を新設
            第8回神宮大会で籠球準優勝
            第1回スキー旅行(菅平)
            展覧部に「美術研究部」「書道研究部」新設
  11年(1936年):県4人制排球大会優勝
            県春季女子籠球大会優勝
  12年(1937年):船越文教校長転出
            第7代長澤恭治校長就任
             

  13年(1938年):校旗制定
            本校学校報告団結成
            運動部宿泊修養會(籠球、排球、庭球、卓球、陸上部)
  14年(1939年):薙刀 正課となる
            県女子中等学校競技大会の各種種目に優勝
  15年(1940年):学級増加(定員1,250名)
            創立40周年記念行事挙行(慰霊祭)
            「花橘」創立40周年記念号発行
  16年(1941年):校友会に「国防部」「訓練部」新設
            交友会を「報国団」と改称
            5年生「関西聖地参拝旅行」
  17年(1942年):東側隣接空地購入(園芸実習地、勤労作業場、弓道場、テニスコート)
             5年生100名「陸軍兵器補給廠」に勤労動員
             5年生「関西聖地参拝旅行」
            英語随意科目となる
  18年(1943年):2年生「森永製菓」に勤労動員
            修業年限を4カ年とし、専攻科を置く
            テニスコートが菜園と化す
  19年(1944年):専攻科廃止
            3年生以上「住友通信機」に動員
            2年生「森永製菓」に勤労動員

昭和20年

昭和20年(1945年):5年生と共に4年生も繰り上げ卒業/警戒警報発令で急遽、式は終了する
             学校が工場化する。工場機械搬入
             建物疎開のため、木造校舎(雨天体育場、修養道場)取り壊し
             長澤恭治校長退任
             第8代中原豊蔵校長就任
            
           5月29日:横浜大空襲、本館以外は焼失
           8月15日:終戦
           10月1日:授業再開
           教科書回収に関する覚書示達
  21年(1946年):4年で卒業する者102名、半数は進級5年生となる
           週5日制、土曜日は自宅学習
  22年(1947年):6・3制開始/ホームルーム制となる/校友会は「生徒自治会」となる
           第一高女、自治会規約制定
           生徒会文化部主催「アンティゴーネ」公演(県下学生演劇の出発)
           「真澄」第1号発刊
           英語芸能祭に「クリスマスキャロル」で1位になる
           第1回自治会総会開催
  23年(1948年):通信教育課程を併置
            校名改称「神奈川県立横浜第一女子高等学校」
            生徒自治会第1回総会開催
            「第一高女時報」発刊
            ”学校キャンプ”復活
            音楽部、県下コンクール優勝
            県下作文コンクール 1位、中・高 1、2、3位独占
            県英語コンテスト1位
  24年(1949年):第一高女第46回(最終)・新制第1回卒業式挙行
            講座別の教室になる
            ホームルーム・生徒集会・クラブ活動が正課となる
            県立横浜幼稚園併置
            中原豊蔵校長退職
            第9代保坂周助校長就任
             


            卓球・県下高校大会優勝
            バレーボール部・全日本予選優勝
            第4回国体・(バレーボール、体操、水泳、卓球出場)
            県立第二高等学校 火災見舞金募金、校舎一部貸与
  25年(1950年):保坂周助校長転出
            第10代佐藤秀三郎校長就任
             


            校名改称「神奈川県立横浜平沼高等学校」
            男女共学第1回入学式(440名内、男子207名)
            「真澄会」会則を改正
            創立50周年記念行事
            校歌の歌詞一部変更
            運動会・四季別の対抗戦になる・応援団発足
            第1回校内弁論大会
            「花橘」復刊第1号
            陸上部復活・野球、バトミントン、ソフトボール部創部
  26年(1951年):生徒会報「平沼」を「平沼時報」に改称
            柔道場を開く・柔道を正課にする
            新聞部 県コンクール優勝
            音楽部 県コンクール優勝
            女子水泳部 県下総合優勝
  27年(1952年):第1回校内マラソン大会
            野球部 秋季大会準優勝
            文化祭を校内展示会に変更、以降文化祭は3年に1度
            保健実験校に指定
  28年(1953年):漢文を必修科目とする
            体育館落成(秩父宮妃ご来校)
            テニスコート完成
            女子バスケット部 インター杯2位・全日本総合選手権大会第3位
            第1回校内駅伝大会(校内マラソンを駅伝にかえる)本校ー金沢文庫折り返し
  29年(1954年):OBオーケストラ第1回発表会
            第1回平沼vs翠嵐戦
            「神奈川通教部報」第1号発刊

昭和30年~

昭和30年(1955年):第1回文化祭
             第1回定期演奏会
  31年(1956年):剣道部創設
            3年男子学年集会で「男女共学の完全実施」の要求決議
            バックネット完成
            ブラスバンド部創部
  32年(1957年):県高校美術展で知事賞受賞(山田吉治君)
            校内水泳大会はじまる
            通信教育部 第1回体育大会開催
            通信教育部 放送教育研究指定校になる
  33年(1958年):男女混合クラス編成
            NHK高校放送コンテスト1位(横浜やす子さん)
            山岳部 南アルプス全山縦走
            通信教育部生徒会会報「ひこばえ」「ひらぬま」発刊
  34年(1959年):教育課程2コース制となる
            佐藤秀三郎校長転出
            第11代香川幹一校長就任
             


            放送部 全国高校放送劇コンクール1位
            体育関係部室完成
  35年(1960年):通信教育部同窓会「いずみ会」第1回総会
  36年(1961年):香川幹一校長転出
            第12代高野 浩校長就任
             
            新館(理科、芸術棟)落成
            創立60周年記念式典挙行
            通信教育部、通信制課程と改称
            60周年音楽祭
  37年(1962年):第1回平沼スポーツの日(6/21)
            第17回国体(岡山)ラグビー部・水泳部出場
  38年(1963年):学区改変(4高校・24中学)
           平翠戦5連覇達成
            第18回国体(山口)柔道部出場
            高野浩校長転出
            第13代鈴木忠夫校長就任
             
            通信制 単独で卒業式を挙行
            放送部・県コンテスト総合優勝
  39年(1964年):鈴木忠夫校長転出
            第14代石井 透校長就任
             
            合唱部・全日本合唱コンクール関東地区大会、高校の部優勝
            放送部全国放送コンクール音楽部門で全国優勝
  40年(1965年):走り幅跳び県高校新記録(江口京子さん)
  41年(1966年):弓道部・全国大会出場
            放送劇・県総合優勝
            合唱部・関東合唱コンクール大会2位
  42年(1967年):県立横浜幼稚園 本校より分離
  44年(1969年):石井 透校長転出
            第15代朝野六郎校長就任
              
            通信制文化祭  
  45年(1970年):平翠戦中止
            平高祭を改称 平沼祭とする
            新体育館・幼稚園・真澄会館 着工
            理化学研究部・県科学教育振興会最優秀賞
            合唱部・県下優勝
  46年(1971年):西側4階図書館開館
            平翠戦復活
            新体育館、プール、幼稚園、真澄会館竣工
            創立70周年記念式典挙行
  47年(1972年):平翠戦中止
            女子バスケット部・関東大会優勝
  48年(1973年):平沼祭
  49年(1974年):朝野六郎校長退職
            第16代手塚喜一郎校長就任
              
            野球部・秋期県大会で準決勝進出
  50年(1975年):陸上部・関東大会400メートルハードルで優勝
            通信制・全国定通陸上競技大会 砲丸投げ優勝(塩ノ谷正子さん)
            女子将棋部・全国大会優勝 個人でも2、3位獲得
            吹奏楽部・県大会金賞
  51年(1976年):平沼祭 入場者2万人突破
  52年(1977年):男子陸上・女子弓道部・国体出場
  53年(1978年):第1回吹奏楽部演奏会
            合唱部・県コンクール 女声高校2部で最優秀賞
            演劇部・横浜地区コンクール優秀賞
  54年(1979年):弓道部・市民総合体育大会優勝(秋山昌子さん)
            平翠戦12勝12敗
            手塚喜一郎校長退職
            第17代雨宮 清校長就任
              
            演劇部・横浜市高校演劇発表会優秀賞
            「平沼時報」県コンクールで優秀賞
  55年(1980年):県柔道大会 優勝(山口淑子さん)
            吹奏楽部・全日本コンクール県東部大会 優秀賞
  56年(1981年):創立80周年記念展、記念演奏会、記念式典
  57年(1982年):雨宮 清校長退職
            第18代山田貞夫校長就任
              
  59年(1984年):山田貞夫校長退職
             第19代田中恵一校長就任     






   
  63年(1988年):田中恵一校長退職
            第20代石川 浩校長就任
             
             真澄会により「校舎さよならパーティー」開催

平成元年(1989年)~

平成2年(1990年)3月:石川浩校長退職

1990年4月~1993年3月 第21代 山田藤栄校長

1993年(平成5年)4月~1995年(平成7年)3月 第22代 河内雅雄校長

1995年(平成7年)4月~1997年(平成9年)3月 第23代 黒田和雄校長

1997年(平成9年)4月~2000年(平成12年)3月 第24代 鈴木眞人校長

2000年(平成12年)4月~2003年(平成15年)3月 第25代 松村榮子校長