2021年春の叙勲にて、羽入佐和子さん(64期)が授章されました。

2021年春の叙勲にて、羽入(宮崎)佐和子さん(64期)、元国立国会図書館長、元お茶の水女子大学長、が「瑞宝章重光章」を授章されました。おめでとうございます。

羽入(宮崎)佐和子さん(64期)には、真澄会にも大変ご理解とご協力をいただいております。

写真は、2009年9月の先輩セミナー時の写真です。

哲学がご専門でしたので、生徒たちにとても熱心に哲学のお話をされていました。

当時の先輩セミナー担当理事より:

羽入(宮崎)佐和子さん(64期)は、インド哲学がご専門で、共著「哲学へ」は多くの大学で教科書として使われています。

当時、女性で初めて国立大学(お茶の水女子大学)学長に就任なさいました。

「大学とはどのようなところか~なぜ学ぶのか~」

が講義内容で、生徒たちにわかりやすく丁寧にお話をしてくださいました。

講義を受けた生徒から2名がお茶の水女子大学に進学しました。

ご著書「思考のレシピ」はご署名入りで平沼高校図書室に御寄贈戴きました。

 

写真は、講師控室(学校応接室)で、にこやかに自己紹介をなさる、羽入佐和子さん(64期)。

おとなりは同じく講師、東京藝術大学作曲科卒業でオペラ「源氏物語」等作曲家、二宮玲子さん(75期)。

後列左から、先輩セミナー担当理事、遠藤玲子さん(71期)・事務局、岸村恵子さん(71期)・校内理事、佐々木智三先生(98期)(2009年9月)

2021年04月30日|トップに表示:トップ